中堅システムエンジニアの備忘ログ

20代後半SEによる、備忘を兼ねた技術的な記事メインのブログです。

【SE】スケジュール管理について今すぐ実践すべき3つのこと【システムエンジニア】

こんばんは。ねるおです。

 

今日は自己流スケジュール管理について書きたいと思います。

プロジェクトのスケジュール管理って大変ですよね。ねるおがいつも意識していることは以下です。

 ・”常に”スケジュール表を見る。

 ・スケジュール表の更新はタイムリーに。

 ・タスクの期限設定は明確に。

 

”常に”スケジュール表を見る。

ねるおはExcelでスケジュール表を作ります。そして常時開きっぱなしの状態です。

各タスクの合間、一息入れたい時、サッと眺めます。もうスクリーンセーバー並に画面に張り付いてます。

「逆に仕事の効率落ちるのでは?」そんなことありません。どんなに気合入れても1時間以上休憩しないのは無理ですし、休憩しながらスケジュール表を見て「フムフム」と状況を整理するのは良いリフレッシュになります。


あと、副産物として上司に「あの件てどうなってんだっけ?」という質問に何も見ずに即答できます。(キリッ)

「えーと、ちょっと待って下さいね。汗」とかダサイですよね。なるべく無くしていきたいです。


【BAD】

・スケジュール表は1日1回見る。


【GOOD】

・スケジュール表は常に見る。


スケジュール表の更新はタイムリーに。

1日の作業が終わった時、メンバーが状況を報告をしてくれます。そのタイミングで進捗状況をアップデートするのは当然です。

基本的にはスケジュール表の更新はタイムリーに行うようにしています。「メンバがふらっと状況を報告しに来てくれた時」「急に予定外のタスクが降ってきた時」「トラブル発生時」あらゆるスケジュールに影響がある(ありそうな)タイミングで即時更新をします。

これは「スケジュールに影響がある事態」=「誰かに何かを調整しなくてはいけない」であると考えているためです。スケジュール表を即時更新することで「誰に」「何を」調整しなくてはいけないか見えてきます。調整相手が複数ある場合は、調整する順番も見えてきますので、スムーズな交渉につながると思っています。


【BAD】

・スケジュール表は1日1回更新。


【GOOD】

・スケジュール表は状況変わり次第、即時更新。

 

タスクの期限設定は明確に。

タスクの期限設定でよく見るのは「○○工程終了時まで」とか「×の回答受領後△日以内」とか。これは絶対NGです。

”×の回答受領”が全然来なかったらどうしましょう?一緒に我々のタスクも遅延です。しかもその遅延を発見できません。設定した期限を過ぎていませんので笑

すべてのタスクの期限は「hh/MM/dd」以外のフォーマットはありえません。”×の回答”は”期限の△日前までもらう”のです。


【BAD】

・期限:×の回答受領後△日以内


【GOOD】

・期限:hh/MM/dd

 

まとめ

以上、ねるおが意識しているスケジュール管理法でした。

進捗について聞かれるときって大概心配されてるときですよね。「ご安心下さい!今こういう状況で〜〜」と回答できるとかっこいいです。

もっとうまくなってかっこいいデキるシステムエンジニアになりたいです^0^

 


ねるお。