中堅システムエンジニアの備忘ログ

20代後半SEによる、備忘を兼ねた技術的な記事メインのブログです。

システムエンジニアの1年目ってなにを頑張ればいいの?

こんにちは。ねるおです。

今回はてなブログの機能である、「指定日時で予約投稿する」を試してみます。

明日のAM10:00でセットしたので、記事が投稿されるのは僕が会社で仕事している(フリ)時ですね。

システムエンジニアの1年目

今年の新入社員の方が入社してから、はや2ヶ月が経過しました。

うちの会社だと、入社後2ヶ月~3ヶ月くらいは新人研修をして、その後各職場に配属、という流れになっています。なので、そろそろ配属先に思いを馳せてドキドキワクワクしている頃かなぁ、と思います。

 

今日の記事ではそんな新入社員の皆さんに向けて、「これだけはガンバってほしい!」とねるおが思うことを書いていこうと思います。

(ねるおは「独立系Sier」の会社に勤め(隷属)てますので、違う会社さんはまた違うご意見があるかと存じますが、ご了承下さい。)

1.なにはともあれコーディング

やはりIT業界を志望したのだから、コーディングに興味のある方が多いことだと思います。「将来はマネージメント!」な方も最初はやっぱりコーディングからだと思います。

ところが、「1年目はテストだけやってりゃいい!」「まずは電話番だろ!」と思考停止状態で叫ぶ職場に配属されるかも知れません。それはあまりラッキーな配属とは言えず、やる気を削がれることもあるかも知れません。

 

しかし、そんなことはどうでもいいことです。業務後に先輩に教えを乞うてもよいですし、休日に自宅でポチポチやってもいいわけです。環境を言い訳にせず、自分にできることをやっていきましょう。

 

とはいえ、「何言語をやればいいんだろう?」「なにから手をつけていけばよいのか・・・」とかわからないことだらけですよね。

ねるおが「これだけガンバって覚えて!」と思うのは、

 

「変数名の付け方」 ※クラス名、メソッド名などを含む。

 

です。これを気をつけてほしい!適当にやらないでほしい!笑

どういうことかと言うと、例えば本日の日付を格納する変数を宣言するとします。その変数の名前を、

 ・today

 ・kyou

 ・honjitsu

とかまぁ、なんか自分なりに「わかりやすいだろう!」と考えてつけるのはOKです。

(kyouはわかりづらいか笑)

 

しかし、

 ・aaa

 ・test

 ・value

とか付けて「ソースレビューお願いしまーす!」とか言ってくる愚か者がいます。そのソースコードを見た第3者はその変数に何が格納され、その変数で何がしたいのかわかりません。

前述の"kyou"もわかりづらいですが、第3者に「伝える気」があると思います。"aaa"はなぞなぞにすらなっていません。解読のとっかかりすらない状態です。

"test"に限って言えば、「あ、このソースコード作り途中なのかな?」と思われても不思議ではありません。最悪です。

 

 「じゃあ、どうすればいい?」これについては次回の更新で語りたいと思います。

 

ねるお。